お寺あれこれ 55

寺墓地と永代供養合祀墓に思う
当寺では境内墓地管理規則があり、檀信徒でなかれば境内墓地を使用しできません。しかし当寺は形原松平家菩提寺であり、江戸時代までは寺領が与えられでしたが、檀家もない事ですから明治以降経済的な地盤がなくなり、昔から他寺院の檀家を墓檀家として受け入れていたようです。明治時代は長く住職が不在で総代の日誌にも檀家や墓檀家から斎米や墓守料を集め当山を護持された記録が残っています。このような経緯から当山墓地管理規則の中に檀信徒「檀家・信徒・墓檀家」として、墓檀家を檀信徒の一つに「位置」づけています。私住職としては浄土宗の寺院境内墓地ですから、阿弥陀さまがお守り頂いている境内墓地であることをわすれず、先祖様の墓にお参し供養して頂ければいいのです。今日も電話で永代供養墓の問い合わせがあったようですが、実際に住職の説明を聞いて頂き、寺(住職)もその方もお互い理解した中で、過去の宗派は問いませんが、浄土宗に帰依し檀信徒になって頂ければご使用頂けます。また当寺にある永代供養墓に毎日お参りをし掃除をされる方がおられます。永代供養墓中央の蓮台に阿弥陀仏(石像)がお座りです。毎朝阿弥陀さまの前で「ご主人の供養」の為に合掌される姿を見ていますと頭が下がる思いがします。大規模霊園や葬送の形態が商品化した中では、その人の心によりますが、人の心の痛みや喪失感を癒すことはできないのではないでしょうか。葬送の自由はいいのですが無秩序に多様化した結果、墓も遺骨置場としか捉えられない方が増えています。当山の境内墓地・永代供養墓のご使用の皆様は供養を大切にお考えの方々だと思っています。仏縁に感謝し先祖の供養を大切にされる方にご使用して頂きたいものです。葬式、供養、墓の対象は家から個人に急速に変化しています。東京の築地本願寺では、宗派は問わず誰でも入会できる会員組織があり、会員は合同墓「代々ではなく個人単位の墓」に納骨ができるそうです。また専属職員を置き「人生サポート」や通夜・葬式の申し込みを24時間体制で終活サービスの受付をされています。またある寺院では檀信徒制度に頼らず、全国から宅急便で送られた遺骨を永代供養納骨できる寺院と住職が某新聞やテレビで紹介されていました。
現在も多くの寺院は檀信徒の皆様によって維持がなされています。しかし檀信徒の皆様でも家族全員が同じ宗派であるとは限りません。個々の信教は自由です。親が仏教徒で子がキリスト教徒もあるわけです。あるいは無宗教もあるわけです。寺台帳に檀信徒として記載があってもその方が檀信徒という意識がなく慣習上お参りされいても住職には心の中までわかりません。そう考えますと、檀信徒「会員制」で「墓地管理規則」だけ守って頂ければ墓地使用ができるということです。現代に言いかえれば会員制でもあるわけです。墓は遺骨を埋葬するところではあるが、同時に残された人々の思い出があり、家墓、個人墓、夫婦墓、合祀墓、自然葬、樹木葬、散骨等々の埋葬「納骨」も多種多様な方法があり自分にあった墓を選べる時代になったのではないでしょうか。しかし墓は決して遺骨の捨て場所ではなく生者と死者との魂の交流の場でもあり、ある意味「重要なグリーフワーク」では日常の自分を語ることできる場所でもあります。約23年前に蒲郡の光忠寺さんへ参拝した時に大きな墓地があり、個々の墓所全域に美しい花が供えられていたことを今でも忘れられません。その地域の習慣でしょうか毎朝墓にお参りをされているようです。

 

お寺あれこれ 54

梅満開  お参りと孫のこもり
今日は遠方へ引っ越される檀信徒の方があり、仏壇の発遺(精念抜)のお勤めに行きました。その方から同じ浄土宗のお寺さんを紹介してほしいというお願いがあり、知り合いのお寺の住職さんにお願いしたところ心よく引き受けて頂きましたので、その方も喜んでおられました。私も有難い事です。昨今新聞やテレビなどで、終活に関係する墓じまいや葬式や墓の特集が多いですが、その影響なのか当寺の檀信徒の方も入って来られる方も出られる方もここ最近多くなってきました。今は核家族化や少子高齢化が進み、また効率性やが利便性だけで、物事を判断し命の大切さや死の尊厳を考える上で重要な場であるはずの葬式が軽視されています。また安易に墓を求められた結果、家族や親族でのトラブルが起こり、結果的に改葬された方もおられます。ネットや電話一本かければ「僧侶」が派遣されます。簡単に葬式・中陰・年回法要・墓まで依頼ができる時代です。そこには住職や僧侶と供養を依頼される人との人間関係がなく、その場限りの関係です。私にはなにか割り切れないものを感じるのです。人生観や死生観を考える事もなく宗教性が薄れた形骸化した葬式が増えています。社会の変容であれば当然かもしれませんね。考えてみると、寺の檀信徒であれば、葬式や年回法要を頼めば、その住職がどのような人間であっても檀信徒である限り住職を選べないわけです。また逆に住職も寺の檀信徒であれば「どのような人間であっても」檀信徒の関係性を続けなければなりません。ある意味そう考えるとアマゾンの「派遣僧侶」は、供養を依頼される人にとっては、煩わしい人間関係はなくその日だけの供養ではあるが、一応その方の考えの「供養」という目的が果たせるわけです。供養や僧侶は商品ではないけれど、現代に合った新しい寺制度を考えることは早急に必要ではないかと思います。
江戸時代からの寺檀制度という強い慣習で寺の財政基盤が現在まで支えられてきましたが、その制度も崩壊しつつあるのが現状です。こうした状況に陥った一つは私たち住職・僧侶も寺檀制度だけに頼ってきたことも大きな要因です。しかしたまには今までの自分を振り返りご先祖に手を合わして頂きたいものです。当山の境内にはいま梅が満開です。人間は苦しみ悩み愚痴を言っていますが、寒中力いっぱい花を咲かせている梅花を見ていると心が和みます。今日は孫とだんごを食べ花見を楽しんでいます。ご近所の皆さん山門から入って見て下さい。

 

お寺あれこれ 53

2月24日 涅槃会と別時念仏
本堂前庭の紅梅と白梅のつぼみが、寒い中咲き始めました。あと一週間もすれば満開になると思いますと、楽しみです。今日は当山では涅槃会と別時念仏を奉修しました。お釈迦さまの「釈迦行僧図」を本堂正面に掛けさせて頂きました。お顔の口と顎は髭だらけ頭は薄く剥げ身体の足には毛が生え大衣をまとった足元は裸足で伸びた爪で立っておられるお釈迦さまが描かれています。この釈迦行僧図の軸を拝しながらお念仏を称えさせて頂きました。当時の修行僧の持ち物は、大衣、上衣、下衣、鉢、坐具、水漉器の六つのものだけです。古代インドでは晩年に達した人はすべての執着をすてて遊行という各地を遍歴し法を説く旅に出ることが理想とされました。お釈迦さまもこの慣習にしたがい人生を終えられたのでしょうか。本日の参加者は10名でした。

お寺あれこれ 52

法然上人の住まわれた東山吉水の草庵が現在どのあたりなのか、何年か前に調べたことがあり今回の冬安居講習会で、坪井先生「初期浄土宗と知恩院」の講義を楽しみに拝聴させて頂きました。私が興味を持つきっかけになりましたのは、現在の知恩院の方丈庭園がどのように作庭されたものか調べたのが始まりです。この方丈庭園は江戸時代初期の大方丈小方丈の書院建築である東南側に沿って瓢箪形をした池庭庭園であり、僧玉淵と量阿弥が作庭したものです。江戸時代には度々改修されたようです。この方丈庭園の地は、古図「応永頃ノ古図写」を見てますと、常在光寺・東禅寺が、現在方丈から経蔵付近と思われます。もともとこの庭園は青蓮院領に足利尊氏が常在光寺を建立し、尊氏自身が好んだ庭園であるという一説がありました。現在方丈庭園の中に護法石(慈鎮石)という大きな石があります。「慈鎮和尚」?どこかで聞いたことがあるので、調べてみると、、法然上人が四国流罪が許され帰洛されたとき、法然上人に親しくなさっでいた九条兼実公の弟で、青蓮院慈圓和尚(慈鎮)のお名前であります。この慈鎮和尚の配慮で大谷の禅坊(勢至堂)に帰洛された法然上人が住まわれました。等々私のわずかな知識の点と点が結びついて、今私が見ている石組や池の護岸を法然上人も遥か遠い昔同じ庭石や山々を見ておられたことを思うと、色々と興味が起ってくるものです。現在知恩院の御影堂の修復が進み来年完成と聞いております。早く再建された御影堂をみたいものです。知恩院へお参りに行く度に真葛ヶ原、吉水中坊、吉水東新坊、吉水西旧坊などが現在のどのあたりなのか、まだまだ知らないことがあり今後も調べてみたく思っています。

 

お寺あれこれ 51

元旦 修正会・諸堂参拝

お寺あれこれ 50

いよいよ師走です。忘年会が禁酒?
今日のニュースで、どこかの市職員が飲酒運転で検挙され、その市全職員の忘年会「宴会」での飲酒禁止がニュースで取り上げていました。私も含め飲酒を楽しまれる方は残念な事です。しかし飲酒による悲惨な交通事故や事件が多発していることを思うと飲酒禁止も必要だと思います。仏教も五戒(不殺・不盗・不邪淫・不妄語・不飲酒の道徳律)がありますが、現在では南伝仏教に伝わったスリランカやミャンマーやタイなどの上座部仏教である仏教国では戒律として守られていますが、わが国では律宗や一部の修行道場の限られた寺院以外は、その寺の住職や僧侶の判断『自己責任』に任されているのが現状です。特に明治政府が出した太政管布告133条で発した『自今、僧侶肉食妻帯畜髪等可為勝手事』によって、寺院の住職や僧侶の生活が一般化したようですが、この飲酒について、仏教ではどのように捉えているか調べてみました。飲酒戒として『不飲酒、すなわち酔っぱらいの行動をしないこと。換言すれば常にめざめの生活をすることを教えたものがこの戒法の精神である。飲酒を誡めたのは、飲酒すること自体を誡めたものではなくて、飲酒することによって放逸行をしないように自粛自戒することがこの戒法の根本法である。なぜ放逸行を誡めるかと云えば、それは仏教が万物万象の根本法則にめざめ、それに従って生活行為をすることを以て倫理の大本であるから、でたらめの生活や、だらしない、やりっぱなしの生活は、仏教精神を裏切る大なるものであると云う理由にもとづくのである。たとえ酒を飲んでも、放逸の行為をしなければよいのであるが、多くの人は、酒を飲むことによって放逸の行為が起り、よっぱらいの生活が現れてくるために酒を飲んではならないと誡めるのである。仏教精神からすれば、仏教徒は大自然の法則に従って、日に新たにして、日に新たになる改善進歩、向上発展やむことのない生活行為をするのでなければならない。従って酔生無死の人生を送ることや、ずぼら、なまけの行為をすることは、絶対に禁物である。ここにこの戒法が制定された所以である。』と円頓戒(大乗仏教道徳)概説の中に書かれていました。また江戸中期の学僧の貞極上人の「蓮門住持訓」と云う当時の寺院に住する住職・僧侶(寺族含む)としての本来のあり方、生き方を著したものですが、その中に『女犯・肉食をしないというだけで、甚だ仏法にかなった出家者であると、自ら高慢心を発している僧もよくいる。女犯・肉食だけを、如来の禁戒というのではない。必ずこのようなことを心得て、恥じる心を起こすべきである。酒は罪を起こす因縁である。飲むべきではないけれども、飲まないわけにもいかず、しかたなく世俗の礼に従って用いる事があるならば、酒盛りをせず、在家の人の行儀とは異なった振る舞いをして、在家の方の視線があるということを忘れてはならない。』と日常の生活訓で、飲酒のことについても事細かく書かれています。私自身も耳の痛いことですが、先日、浄土宗宗務庁で、―僧侶いかにあるべきか―「信頼される僧侶」というシンポジウムが浄土宗総合研究所主催で開催され私も拝聴しました。その中でも問題になった一つが、僧侶の飲酒でした、浄土宗総務局に押せられる苦情・相談の内容の一部に僧侶の態度についての苦情があったそうです。僧侶同士で飲みに行って大きな声を出して騒いだり、懇親会や研修会の後席での羽目の外した言動、料理の食べ残しや酒席での態度の悪さであったり、実際に店の店員から蔑視される対応をとられる事もしばしばあったという。信頼を失うのは一瞬である決して他人事ではないことを住職や僧侶は心得なければならないことです。ホテルでの懇親会や食事会をひかえるべきだという意見もありましたが、檀家さんと円渇を保つ一つの場であるならばある程度は、飲酒も許されると私は勝手に思っています。法然上人のお言葉に「酒を飲むは罪にて候か、答、真には、飲むべくも無けれども、この世の習い。」と在家信者からの筆問に答えられた言葉でありますが、僧侶の飲酒を考える上で心にとどめて置きたいものです。たまたま今読んでいる大法輪(H26.1)に厳しいご自分の考えの記載があり、一部抜粋しますと現代の住職・僧侶に対して『何より大切な事は世襲に拘らないことである。僧侶としての志や発心のない子供に寺を継がせないことだ。やりたくもない家業をついで失敗した例は社会にたくさんある。僧侶は職業ではなく。生き様であることは多くの先人たちが示している。人々の信施で生きることの意味を理解できない者に、僧侶は務まらない。他の職業を選ばせるべきだろう。志をもつ僧侶に寺を譲ればいい。現代の日本の仏教が、釈迦が2500年前に体現した仏教と全く違うことは多くの人が認めている。その違いが発展となるか腐敗で終わるかは、今この国を生きている僧侶に掛っている。』と映像作家の児玉修氏が書かれていました。私たち僧侶にとって厳しい激励のご意見として受け取らせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お寺あれこれ 49

松の剪定

境内には全部で7本の松の木があります。その内一番大きな松は造園の方に頼むのですが、あとの6本の松は私が剪定をします。今日も松の剪定を終日していました。気が遠くなるほど、松の古葉を取る作業です。毎年五月に新芽を摘みますから枝が倍に増え続けます。当然枝が混み合い枝をすかなければなりません。自己流ですからどうにもならず、思った剪定ができないため、年々松の形がわるくなっています。法事や諸用の合間の作業ですからなかなか短期間で終わらず、今年もあと三本残っています。楽しみながらの作業です。

お寺あれこれ 48

いもほり
今日は孫と芋ほりをしました。今年はサツマイモの葉が手のひらより大きくつるぼけを心配していましたが、昨年と同じぐらい取れました。孫二人と楽しいひと時でした。

お寺あれこれ 47

手術台での私「まな板のコイ」
私の体には不整脈の為、ペースメーカーが入っています。今回初めての電池交換の手術を受けました。担当の主治医Drから説明があり、手術は局部麻酔でリード線(心臓に入っている線)はそのまま使用しペースメーカー本体の交換で1時間程度で終わりますよ。とある程度安心して手術を受けたのですが、何かの原因で従来から入っていたリード線が使用できず、新しいリード線を新たに血管に挿入されペースメーカーもなんとか正常に作動し2時間程の手術でした。その後退院の予定であったが、新しいペースメーカーの数値が悪くなり、そのままに放置できない状況のようです。と「主治医Drだけでは判断ができない」とご本人から伝えられた後、心臓外科の責任ある立場の先生から説明を受けました。私もどうすることもできず、先生方に任せるしか方法がないのです。再度手術を受けることを了解しました。今血管に入っているリード線を取り替え適切な位置にやり直す手術です。説明をされたその日の午後1時30分より手術開始、ペースメーカーの入っている所を切開し、新しいリード線を取り替える作業に入られたがリード線が何かに絡まり引き抜くことができず先生方が悪戦苦闘されている様子が聞こえてきますから、このままどうなるのか不安でした。先生からリード線がどうしても前にも後にも動かない状況であることを伝えられ、今入っているリード線をそのままにして、同じ血管に三本目のリード線を入れることに了解してやっとペースメーカーが正常に作動したようですが、ペースメーカーが作動した後、すぐ不整脈が起こるという何とも皮肉な状況でまたしても問題が発生するが、「手術いつまで続くのですか」と先生に問うと「私の限界を感じられたのか」この不整脈は薬で対処するしかないと判断されて手術を終えられました。病室へ戻ったのが18時でした。なんと4時間半の手術で、耳に入ってくることはすべて悪いことですから、複雑な気持ちのそのまま一日を終える。二日ほどが過ぎ、病室に主治医Drが来られたので、何か原因でペースメーカーが正常に働かなかったのか、と訊くと、「私の経験不足で、リード線を損傷したのが原因です。と言われた、ご迷惑をかけ申し訳なかったと詫びられた。主治医Drとは言え、人間である。先生方が最善を尽くされたことには間違いがないはずである。再度感謝の言葉を述べ彼岸中日前日に無事退院しました。

お寺あれこれ 46

お盆も終わり
お盆も終わり境内を見渡すと、雑草が伸び庭の手入れと草引きをしなくては、と心は焦るのですが、残暑厳しい日が続きますので、夕方苔に水をまき日陰で草引きの毎日です。話は変わりますが、先日お電話がありお墓をお求めにご夫婦で当寺に来られました。予め聞いていましたので、住職から境内墓地規則と墓地の現状を説明いたしました。最近当山では新たに墓所を建てられる方よりも墓地を整理される方が多くある事情も含め、昨今の墓地事情やマスコミ等で、公営・市営墓地・樹木霊園・散骨・コンピューターで管理されたビル墓地などが取り上げています。それぞれに特徴がありますから、十分考えられてご自分にあった墓所をお考えに下さい。と住職から説明しお帰り頂きました。墓地を永代使用しそこに墓碑を建てらえる経費や継承者の事を思うと「当寺の境内墓地をご使用下さい。」と素直に勧められないのが、今の私(住職)の気持です。当寺は形原松平家の菩提寺でしたが、明治以降、他の寺院の檀家で墓所が当寺にある方が昔からおられます。その皆様も境内墓地規則を遵守し環境整備や墓地の清掃美化にご協力ご理解のある皆様に使用して頂いています。しかしながら数件の方がお供え物(缶ビール・生菓子など)をそのまま放置して帰られる方がおられるのは困っています。個々に環境保全等の依頼の通知を出してもまたお供え物がそのままです。ほんとに困ったものです。お供え物はお参りが終れば、供養として各自持ち帰られてから、無駄なく頂くのも「供養のこころ」の一つではないでしょうか。他の檀信徒の皆様も墓参りをされますから、お墓参りの折は掃除はもちろんのこと環境保全にも協力して下さるようお願いしています。いつ参られても檀信徒の皆様が常に気持ちよくお参りができるよう「お互い思いやり」の心で、お墓参りをして頂きたいものです。住職もいつも境内墓地を掃除しております。当寺の墓地を新たに使用される皆様には必ずこの話をしますから、この事も含め境内墓地規則を遵守しご理解を得た檀信徒に限り使用頂いています。合掌