お寺あれこれ 73

寺での一日
庭の台杉が弱っているので、葉が枯れたところは切り落としましたが、何かの原因で枯れるのでしょう、自然にまかせるしかないようです。
今日は中陰のお参りでしたが、当山の本堂庫裡再建の時には、お元気だった頃を思い出しましたが、時とともに、当山を支えて下さった檀信檀信徒の皆様がお亡くなりになられる。住職としてもなんとも寂しいものです。唯々お浄土での再会を祈り、ご家族とともにお念仏を称え、ご回向をさせて頂きました。残されたご主人には一日も早くお元気になっていただきたいものです。
 私も還暦が過ぎ、また一年古稀に近づきました。腰痛があり身体に自信はないが、先週は本山での夏安居道場(教学高等講習会)に参加しました。昔の知人に会い、ご挨拶をさせて頂きお元気な顔を拝見するのが楽しみです。しかし、講義を聴講していつも思うことが、若い頃にもっと勉強しておけば、とこの歳になっても悔いてます。
 やっと関西も梅雨に入ったようですが、庭には紫陽花が咲き終わり、桔梗が咲きはじめました。この桔梗は、数年前に近くのご老僧から頂いたものです。昨年お亡くなりになられましたが、今年も忘れず花を咲かせています。ご老僧もお浄土から、この桔梗を見ていらっしゃることでしょう。
 裏の畑には、きゅうりやなすびやししとが取れ頃です。もう少し暖かくなると、ゴウヤと西瓜とカボチャが取れます。。妻も私も朝取るのが楽しみです。



 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA