お寺あれこれ 82

新型コロナウイルス感染防止とお寺あれこれ状況

新型コロナウイルスが首都圏や大都市ではクラスター感染の兆候が出てきているようです。当山から見える山々にはところどころに桜が咲いているのがわかります。花見という気持ちにもなれず、今は不要不急な外出はひかえなければなりません。
先日、檀信徒の方の葬式があり、幸いに喪主の意向で、住職と親族お二人のみで参列者なしの葬義式でした。ニュースによると、四国で通夜・葬式の参列に行かれ、新型コロナウイルスに参列者数人が感染された、と報道がありました。当山も4月には、数件の法事が入っていますが、親戚は呼ばれず家族のみで執り行われます。檀信徒の皆様が寺に来られる日々が続いています。出来るだけ距離をとり、用事は玄関ですまし帰って頂いています。葬儀や結婚式などの冠婚葬祭には人が集まるのが、つきものですが、当事者や関係者(招待者)であれば、延期や規模の縮小など、なかなか決断することができませんが、非常事態のこの時期は、葬式や法事もできる限り、安全で安心な方法で、対処しなければ大切な人の命を奪うことになりかねません。今日も東京から訪問者があるが不安もございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA