お寺あれこれ 100

光忠寺涅槃図修復(亀山藩主ゆかり・亀岡市制度活用の寄付金募集)

檀信徒の皆様に涅槃図修復募財をお願いをしたところ、多数の皆様からご協力を賜り厚く感謝申し上げます。また檀信徒以外の皆様からも、市役所や文化資料館や新聞などで、当寺涅槃修復寄付金のチラシを見て、ご寄付を頂き有難く御礼申し上げます。この涅槃図修復事業は、亀岡市の「ふるさと亀岡の歴史文化遺産を守る支援寄付金」を活用しご寄付を募っています。寄付金は7割が当寺の涅槃図修復事業に充て、また3割が亀岡市の文化財保全事業に配分されす。
この制度を利用された寄附者には、税制優遇となり所得税と住民税が控除されます。返礼品はございませんが、事業完成後、当寺が見学会などを企画します。
 涅槃図は室町時代前期のものと見られ、金箔で繊細な文様を表現する截金や裏彩色などの技法が用いられている。また裏書には、江戸時代の亀山藩主の松平信岑が修復したことやその祖父である松平康信が寄進したことが書かれた歴史的にも価値が高く京都府の文化財登録を目指しています。形原松平家の歴史的価値の高いこの涅槃図を後世に守り伝え、また地域の文化財振興に役立てば幸いでございます。
 損傷が激しく、令和4年から3ヶ年かけ修復事業(修理費=750万)を実施いたします。何卒修復が完成できますよう皆様のご協力をお願い致します。光忠寺まで連絡を頂きましたら、ご寄付のチラシを発送致します。

   光忠寺 ℡ 0771234851  メール kouchuji1478@yahoo.co.jp
         

 


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA