トップ

光忠寺は浄土宗総本山知恩院の末寺です。この光忠寺は形原松平家初代興副公の菩提を弔う為、室町時代後期に現在の愛知県蒲郡市「三河國形原」に創建されました。藩主の所替により形原松平家菩提寺として、下総佐倉、摂津高槻、丹波笹山を経て、亀岡「亀山城下雷門外(北古世町)」には寛延2年(1749)に移されました。
光忠寺はJR亀岡駅からクニッテル通りを徒歩15分のところです。光忠寺の月例行事として、浄土宗を開かれた法然上人のご命日に合わせ、前後の土曜日か日曜日に月一回別時念仏会(念仏を称える会)をしております。参加希望の方はご連絡下さい。 また参道に沿って牡丹の花壇がございます。4月中頃から咲き始めます。個人数名の参拝は受入可能ですが、団体の参拝はお断り致します。
                
   十月のことば
    
         わかきとき仏法はたしかめ。
 仏法は年老いたもののためだけにあるのではない死の訪れは老少を問わぬ定めだから。仏法は死後の世界を語るものではない。いまこの生命を輝かせるために存在するのだから。
 若きとき、仏法はたしなめ。もろく傷つきやすく、そして柔軟な感情にこそ、仏の教えは深く染み込んでいくものだから。
                                蓮如「蓮如上人御一代記門書」
                                                                   

散歩

彼岸花

光忠寺 

お盆

 

光忠寺〜西山

› 続きを読む